ポケモンGOと美容商材

髪が多くてまとまらない

クセ毛で広がってまとまらない

髪のツヤやまとまり 収まりって大切ですね

髪の悩みを解消し
あなたの良さを引き出す

神咲 英稔(かんざき ひでとし)です!

スポンサーリンク
最近のコメント

    ポケモンGOが日本で最初に
    リリースされなかった理由

    「ポケモンGOがアメリカで大人気!」

    156823

    というニュースが流れるたび

    「どうして日本で先に
    リリースされなかったんだろう?」
    不思議に思いましたよね

    僕もその1人

    ポケモンは日本が発祥だから

    なんでニュージーランドとオーストラリアから
    リリースされたんだろうと不思議でした

    まずは小規模で出す手法
    『ソフトローンチ』

    初めて聞きましたよ

    ソフトローンチ

    ソフト=穏やか

    ローンチ=公開
    なんですって

    アメリカや日本など重要な市場に
    同時リリースするのではなく

    まず市場の小さな国から
    ゆっくりと出していく行為を意味します

    なぜそんな手法が使われたか
    2つの理由

    1つ目はソフトローンチで早めに公開した
    国のユーザーからのフィードバックを受けて

    アプリのバグや問題を修正すること

    2つ目はアプリの修正を早く済ませ

    ユーザーの継続率が向上することです

    すっごい考えられてる作戦だな~
    と思いました

    確かに大きな市場に
    いきなりだして

    何か不具合でもでたら
    騒ぎも大きくなりますからね

    そしてこの不具合を
    早く修正すれば

    新しいユーザーに
    なったものの

    使いにくい
    すぐにバグるなどの理由を
    少しでも減らせれるからですね

    これは美容院の商材でも一緒

    例えばハナヘナ

    岡本さんがブログで色々と
    情報を発信されてますが

    最終的には自分で検証してみましょう
    よく言われています

    それはやっぱり

    自分で使ってみて

    本当にどうなのか

    何か不具合はないか

    使い方で
    わからないことはないか

    自分の目でみて
    確かめなければダメだって
    ことですね

    だって大切なお客さまの

    髪や肌に
    直接使うものですからね

    なんでも検証してみることが大事

    よくメーカーが
    これは○○で

    ○○成分が入っていますから

    髪が補修されキレイになりますよ~
    みたいなことを言われても・・・

    僕その中身見てないんで

    わからないんですけど~
    て感じですよね

    言われたことを鵜呑みにして
    何も考えずに使ってから

    不具合があったり

    最悪失敗したら

    ほんとに取り返しがつかない
    ことになります

    ですから
    まずは何でもお客さまにする前に
    検証してみて

    自分の手で触り

    目で見ることが

    とても大切なんですね

    最後まで読んでいただき
    ありがとうございます!


    ダメージヘア撲滅委員会はこちら

    ご予約はこちらから
    ご予約はお早めにお願いします!
    TEL 078-781-9800

    ☆24時間web予約はこちらから

    カンザキでご指名ください!

     

    information
    ARCHEのホームページはこちら
    〒655-0046
    神戸市垂水区舞子台6-10-1 久保ビル2F
    Google MAPはこちら


    ☆JR舞子駅からARCHEまでの道順です


    ARCHEのfacebook
    はこちら
    「いいね!」お待ちしております

    kanzaki facebook
    はこちら
    カンザキの個人facebookです
    友達申請してくださいね


    information
    毎月第1週目はこちらにいます

    RITZのホームページ
    はこちら
    〒651-2272
    神戸市西区狩場台3-9-15-1(かりばプラザ内)
    Google MAPはこちら

    TEL 078-997-0113




    スポンサーリンク
    最近のコメント

      シェアする

      • このエントリーをはてなブックマークに追加

      フォローする

      スポンサーリンク
      最近のコメント