カラーの繰り返しでダメージしているくせ毛には酸性ストレートがオススメな理由

カラーの繰り返しでダメージしているくせ毛には酸性ストレートがオススメな理由
神戸市垂水区にある美容室ARCHE(アルシュ)
ハナヘナとカット大好き美容師カンザキです♪
髪で悩む大人の女性を美しくします!
天然100%ヘナのことを知りたい、
くせ毛の悩みはどうしようなど
ぜひご相談ください。

アカラーをしているのが当たり前な時代。髪のダメージも進んでいます。そんなヘアカラーでダメージしている髪がくせ毛の場合、縮毛矯正するのは怖かったんですよ。それはこんな理由からです。

目次

ダメージしているくせ毛への縮毛矯正は不安がいっぱい

まず【縮毛矯正】で使われる薬剤は美容室でも1、2を争うくらいの強いパワーを持っています。

くせ毛を伸ばすのにはパワーも必要で

「強いパワー=ダメージも大きくなる」ってことです。

1、2を争うとは、「ブリーチ」の次くらいに強いってことなんです。

それくらい強い薬剤でなければくせ毛の構造を変えることはできないんです。

そして縮毛矯正の薬剤はアルカリが高いんですよ。

「pH」という目安があるのですが、お肌は弱酸性でpH4.5〜5.5と言われています。

水は中性で「7」くらい。

縮毛矯正の薬剤はpH9〜10くらいはあります。

アルカリ性が強ければ強いほど髪も傷むんです。

アルカリは髪を膨潤させる効果があります。

「膨潤」とは、キューティクルを開いてしまうってことです。

ヘアカラーを繰り返している髪は、ダメージすることで元々キューティクルは開いていたり

ハイダメージだとキューティクルが欠損してくなかったりしています。

そんなダメージしているくせ毛に強いアルカリの縮毛矯正の薬剤を塗布すると、キューティクルは開いているのですぐに髪が反応して軟化してしまうんです。

軟化し過ぎた髪は柔らかくコシがなくなり、ひどい時だと髪を引っ張るとビヨ〜んって伸びます。

ダメージ毛を縮毛矯正する場合、薬剤を塗布すると髪は柔らかくなっているけど、まだ髪の中の構造は切れていないことがあります。

これを「軟化はできているけど、還元がまだ」って言うんです。

縮毛矯正では「軟化」よりも「還元」が大事。

軟化はしなくったて還元さえできていたらいいんです。

でも、ヘアカラーやパーマなどダメージしている状態の髪だと、アルカリが強いので還元する前に軟化し過ぎることがあるんです。

ダメージ毛ほど酸性ストレートがオススメです

そこで【酸性ストレート】の出番。

酸性ストレートのpHは4〜5位の「酸性」域です。

酸性ですからアルカリみたいに髪が膨潤しません。

膨潤しないからキューティクルが開き過ぎず、軟化をあまりしませんから安心して還元がしっかりできるまで時間を置けるんです。

ここが大きい!

時間をしっかりと置くことができるので還元(髪の中の構造を切る)がしっかりとできる。

しっかりと構造が切れるからくせ毛も伸びやすい。

アルカリ性の縮毛矯正よりもpHが低いのに酸性ストレートがくせ毛が伸びるのはこのためです。

今まではアルカリの縮毛矯正を使っていたので、ダメージしている髪だとアルカリによって軟化し過ぎるので時間を置けないことがありました。

もう少し時間を置けたらしっかりと還元してくせ毛が伸びるのに!

でもこれ以上時間を置いたら軟化し過ぎてより髪がダメージしてしまう・・・

だから、すぐにお流ししてアイロン操作でくせを伸ばそう。

こんなことがあったんです。

でも酸性ストレートなら時間をかけてゆっくりと還元をしていくので軟化の心配をしなくていいですから

ダメージしている髪でも時間に余裕が生まれるんです。

ここがメリットですね。

カラーの繰り返しでダメージしている髪には酸性ストレート

では実際にヘアカラーを繰り返しているダメージ毛でくせ毛がある場合の酸性ストレートの仕上がりをどうぞ〜

白髪染めを1ヶ月に1回されているお客さまの髪の状態です。

くせ毛もあり半年に1回縮毛矯正をされています。

以前はアルカリ性の縮毛矯正をしていましたが、今回は酸性ストレートをさせていただきました。

髪のコンディションはとても良いですね。

髪のパサつき、チリつきもなくまとまりも良くなっています。

くせ毛へのアプローチもしっかりとできましたから、うねりもなくなり毛先のハネもなくなりました。

キューティクルも整って髪のツヤ感もUPしていますね。

手触りもよく、髪も柔らかくなりました。

ヘアカラーを繰り返すとダメージで水分量が減り髪が硬くなってくるんですけど、その部分が改善されています。

これから、毎日の髪のお手入れがとても楽になりますからね。

きちんと髪を乾かすだけでまとまる髪になるので、朝の貴重な時間が短縮されますよ。

まとめると

ヘアカラーを繰り返して傷んでいる髪や

ダメージしやすい髪質

髪が細くて猫毛ってくせ毛

ボリュームがなくペタンコになりやすい髪質

などには

従来のアルカリ性縮毛矯正よりも

『酸性ストレート』の方が合っていますよ。

でも!

酸性ストレートだからと言って「髪にダメージがない!」ってわけではありません。

薬剤を使っての施術ですから、髪へのダメージはあります。
*酸性ストレートで「髪のダメージはない」って言っている美容室は要注意です

どんなモノでも使い方ですからね。

なりたい髪質

なりたい髪型

をするための手段として

酸性ストレートという方法も選択肢の1つだということです。

気になったらぜひお問い合わせください♪

本物の天然ヘナの通販
『ハナヘナshopレガーレ』

本物の天然ヘナである『ハナヘナ』を知ってもらいたい。
そんな想いでネットショップを作りました。(^∇^)

\ 天然100%ヘナのネットショップ

\ ヤフーショッピング店 /





カラーの繰り返しでダメージしているくせ毛には酸性ストレートがオススメな理由

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次