重曹シャンプーって「髪に優しい」って聞きますがどう思いますか?

重曹シャンプーについて
神戸市垂水区にある美容室ARCHE(アルシュ)
ハナヘナとカット大好き美容師カンザキです♪
髪で悩む大人の女性を美しくします!
天然100%ヘナのことを知りたい、
くせ毛の悩みはどうしようなど
ぜひご相談ください。

然100%ヘナを扱っているカンザキのお客さまには自然派思考の方もいるんですけど、先日「重曹シャンプーってどうなんですか?」と質問されました。重曹シャンプー、はたしてどうなのでしょう。

目次

重曹シャンプーってなに?

「髪が健康になってツヤがハリコシが出る」

「手にも優しく荒れない」

なんてことで、ナチュラル思考の方にオススメなのが「重曹シャンプー」みたいです。

重曹って「キッチン」や「五徳」を洗うやつですよね?

そもそも重曹のことを知っておきましょう。

重曹は【炭酸ナトリウム】のことで、

お湯に溶かすことでアルカリ性になるんです。
*お湯でないと溶けません

お湯に溶かした重曹は、アルカリ性の性質で油分を乳化する作用があるんです。

キッチンの汚れは油汚れがほとんどですから、アルカリと乳化して汚れを取ってくれる効果があるんです。

ということは

髪や頭皮についている脂質(これも油分)を除去できるはず・・・

脂質や汚れ

コンディショニング剤

コーティング剤

シリコンなどなど取ってくれるはず。

と思っているみたいですけど

普通のシャンプーの方が重曹よりよほど落とせると思うんですけど・・・

重曹の汚れを落とる仕組み

重曹が汚れを落とすのには2つの効果があって

1つは

物理的に擦って落とすクレンジング効果

例えば、重曹をキッチンに巻いてしばらく時間を置いてからこすりますよね。

「こする」ことで油分を落とすんですけど、重曹の粒子でクレンザーみたいな効果があるんです。


ただ 重曹は硬度が2.5程度と そんなに硬くないのでキッチンなどを傷つけにくいので 「優しい」と言われてるんです。

汚れと反応して落とす乳化

2つ目が、重曹は油汚れと反応して乳化し汚れを落とすんです。

重曹は水と混ざるとアルカリ性になり、水酸化物イオンができます。

この水酸化物イオンが脂肪(油汚れ)やタンパク質と反応して加水分解を起こし

脂肪はグリセリンと

脂肪酸のナトリウム塩に分解されます。

この脂肪酸の【ナトリウム塩】が界面活性剤になり(いわゆる石鹸)汚れを落とすんです。

髪の汚れを落とすのはこの2つ目の

重曹は髪のタンパク質や脂質の汚れと反応して乳化し(石鹸を作り出し)

その効果で汚れを落としている

ってこと。

なんだけど・・・

水に溶かしてもp H8程度のアルカリ性の重曹では、石鹸と比べても洗浄力は随分と弱いんです。

*セスキの方がアルカリ性は強いけどこちらは手荒れしますよね

キッチンのシンクや五徳、換気扇の油汚れを落とすのにはいいんだろうけど

髪のコーティング剤や脂質

シリコンなどを取る目的で使うなら

普通のシャンプーの方がよほど落とせると思います。

最後に

重曹シャンプーが髪や頭皮に良いって言われるのは

「洗浄力が弱い」から「優しい」ってなるんでしょうけど

洗浄力が弱いってことは、そもそも髪や頭皮の汚れも取れていないのでは?

って思いませんか???

重曹のアルカリで、髪や頭皮がつっぱったりキュッキュしたりするから

「汚れが取れている」って思っているだけかもしれませんよ〜

本物の天然ヘナの通販
『ハナヘナshopレガーレ』

 

本物の天然ヘナである『ハナヘナ』を知ってもらいたい。
そんな想いでネットショップを作りました。(^∇^)

クレジットカードで買える『ハナヘナ』『DO-S』のONLINE SHOPはこちら♪

重曹シャンプーについて

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次