髪は水でも傷む 髪の健康な状態を知っていますか?

神戸市垂水区にある美容室ARCHE(アルシュ)
ハナヘナとカット大好き美容師カンザキです♪
髪で悩む大人の女性を美しくします!
天然100%ヘナのことを知りたい、
くせ毛の悩みはどうしようなど
ぜひご相談ください。

の健康な状態って特別に意識することはないと思います。「なぜ髪が傷むのか?」「キレイな髪ってどんな髪?」そんな普通のことを知ることも健康で美しい髪のためには必要なことですよ。

目次

髪のダメージについて

「髪のp H(ピーエイチ)」って知ってます?

突然何のこと?と思うかもしれませんが、これはとても大事なこと。

p Hとは

pHは水素イオン濃度指数のことで、酸性・中性・アルカリ性のどこに分類されるかを測る尺度です。

水は中性でp H7

それ以上に高い数値が【アルカリ性】

逆に低い数値が【酸性】になります。

毛髪のpHは「4.5~5.5(弱酸性)」が理想的(もっとも安定している)といわれ、この値を毛髪の等電点(とうでんてん)といいます。

お肌も髪もp H4.5〜5.5が一番安定しているんです。

毛髪全体を包んでいるキューティクルの状態もpHによって変化します。

等電点よりpH値が低くなる(酸性)と、キューティクルが閉じます。

逆に高く(アルカリ性)になるとキューティクルは開きます。

美容室で扱うメインの薬剤は、そのほとんどがアルカリ性。

ヘアカラーやパーマ剤は、もちろんアルカリ性です。

アルカリ性に髪が傾くとキューティクルは膨潤して開いて、髪のタンパク質は溶け出し、髪は健康な状態では無くなってしまいます。

髪のパサつき、水分量の低下、広がり、うねり、枝毛、切れ毛、ツヤがなくなる。

これら全てにアルカリ性への傾きが関係しています。

じゃあ、「アルカリ性に傾いた髪を酸性に戻してあげれば髪はキレイになるんじゃないか?」と思うかもしれませんが

これが中々難しいんです。

先ほども書きましたが、水でも中性です。

ヘアカラーやパーマを流すための水ですら酸性ではありません。

ですから、一度アルカリ性に傾いた髪を酸性に戻すのには専用の薬剤処理をしないと戻りません。

*ARCHEで使っているお湯は高濃度炭酸泉で弱酸性です

もしくは、「日にちくすり」という日数をかけて徐々に髪の中からアルカリ成分が抜けてくれるのを待たないといけない。

そうすると傾いた髪のアルカリ性は、少しづつ酸性に近づきます。

ただし、この待っている間も髪の中ではダメージは進みます。

ヘアカラーやパーマで髪が傷むのは薬剤の強さもありますが、髪がアルカリ性に傾いてしまうことで長期にわたって髪の内側からダメージが蓄積することなんです。

最後に

髪の性質や、髪はなぜ傷むのか?を少しは知っていただけました?

「アルカリ性」と「酸性」、この2つを知るだけでも髪を美しく保つための知識の準備ができます。

髪のことを知ると髪の扱い方が変わりますからね。

髪を美しくするためには「髪を知り」、「髪の扱い方を変える」ことから始めましょう。

本物の天然ヘナの通販
『ハナヘナshopレガーレ』

 

本物の天然ヘナである『ハナヘナ』を知ってもらいたい。
そんな想いでネットショップを作りました。(^∇^)

クレジットカードで買える『ハナヘナ』『DO-S』のONLINE SHOPはこちら♪

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次