まるでトリートメントをしたみたいなハナヘナ染めした髪

神戸市垂水区にある美容室ARCHE(アルシュ)
ハナヘナとカット大好き美容師カンザキです♪
髪で悩む大人の女性を美しくします!
天然100%ヘナのことを知りたい、
くせ毛の悩みはどうしようなど
ぜひご相談ください。

ナヘナで髪を染めた!だけなのに、まるでトリートメントをしたみたに髪がツヤツヤ〜♪ それってなんで!?髪を染めたのよね?普通髪を染めたら傷みませんか?

目次

まるでトリートメントをしたみたいなハナヘナ染めした髪

トリートメントをして髪がツヤツヤ〜になるのはわかります。

当然ですよね。

髪のダメージを修復してツヤを出すためにトリートメントをしているんですから。

でも、ハナヘナなら

髪を染めても

まるでトリートメントをしたかのように、髪がツヤツヤ〜になるんです。

なんで!?

普通、髪を染めたら(ヘアカラーしたら)髪は傷むよね?

なんで!?

って思いますよね。

ヘアカラーで染めるのと

天然100%ヘナのハナヘナで染めるのと

何が違うの〜〜〜?

って疑問にお答えします。

ハナヘナ染めとヘアカラー染めの違い

ハナヘナとヘアカラーは全く違います。

まず内容成分が違う。

染まり方が違う。

染まった後も違う。

何もかも全く違うんです。

ヘアカラーは化学染料。

ハナヘナは植物性染料。

ヘアカラーは、アルカリ剤でキューティクルを広げて酸化染料が毛髪の中に入り、メラニン色素を破壊し髪の明るさを変え、過酸化水素と反応して色が染まります。

ハナヘナはキューティクルを広げることなく低分子であるヘナの成分が髪の奥深くまで浸透し、髪のタンパク質に引っ付きより大きくなって(重合)抜けにくくなり染まります。

ヘアカラーで染まった髪は、キューティクルは開きっぱなしになり髪のタンパク質は溶け出て欠損し、空洞ができます。

染まった色味は時間の経過と共に抜け出て、ブリーチされた明るさだけが残ります。

ハナヘナは髪の中に残ったヘナの成分が少しづつは抜け出ますが、繰り返し染めることでダメージでできた空洞を埋め、髪質を改善していきます。

最後に

「髪を染める」と言う方法は同じでも、染まり方から染まった後も全く違う。

この違いが、「まるでトリートメントをしたみたいなハナヘナ染めした髪」になる理由です。

本物の天然ヘナの通販
『ハナヘナshopレガーレ』

 

本物の天然ヘナである『ハナヘナ』を知ってもらいたい。
そんな想いでネットショップを作りました。(^∇^)

クレジットカードで買える『ハナヘナ』『DO-S』のONLINE SHOPはこちら♪

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次