夏の髪のダメージケアにこそ天然100%ヘナがおすすめです

髪の紫外線対策に天然100%ヘナ
神戸市垂水区にある美容室ARCHE(アルシュ)
ハナヘナとカット大好き美容師カンザキです♪
髪で悩む大人の女性を美しくします!
天然100%ヘナのことを知りたい、
くせ毛の悩みはどうしようなど
ぜひご相談ください。

梅雨も早くに終わって(早すぎ)、最近はやっと夏らしくなってきた感じがしますよね。そんな夏本番の髪のダメージケアにこそ天然100%ヘナがオススメなんです。

目次

髪にメラニン色素がある理由

最近になって、やっと本格的に梅雨が明けた気がするカンザキです。

梅雨が明けると夏本番ですよね。

夏と言えば

「スイカ!」ではなくて

「海!」でもなくて

「日焼け!」ですよね〜

そうです。

夏は日焼けをする季節です。

日焼けをすると肌が赤くなり、皮がむけて、後が大変なことになりますから充分に気をつけてください!

そんな日焼けの原因が「紫外線」ですよね〜

紫外線を浴びると肌は焼けて炎症を起こし、老化が進みますよね。

特に夏の紫外線は強いですから、気をつけないといけないんです。

そんな紫外線は当然、髪にも降り注いでいます。

髪も肌と同じように紫外線を浴びているんです。

本来、髪はメラニン色素があり、メラニン色素が紫外線から髪や頭皮を守っています。

紫外線は髪の表面にあるキューティクルもダメージさせて、髪の内部にまでたどりつきます。


髪内部には「メラニン色素」という、紫外線などのダメージから髪を守り、色ツヤを保つ役割の色素があります。


メラニン色素は紫外線の影響を吸収してくれるのですが、紫外線量が増えると紫外線を吸収しきれなくなったメラニン色素は分解されてしまいます。


メラニン色素が分解された髪は色が薄くなり、赤茶けたり白っぽくなったりするのです。

ここまできたらハイダメージですね。

そして、今はヘアカラーをするのが当たり前になっていますが、ヘアカラーをした髪は通常の髪よりもメラニン色素が減少した状態になっています。


髪本来の紫外線からの防御する力がダウンしているので、紫外線を浴びるとヘアカラーが退色するだけでなく、髪自体も傷みやすくなってしまうのです。

「ヘアカラーで染める」と言うことは、紫外線に対して髪が弱くなるってことなんです。

夏の髪のダメージケアにこそ天然100%ヘナがおすすめです

そんな髪に天然100%ヘナで染めた場合はどうなのかって言うと、

ヘナのオレンジ成分である【ナフトキノン】は、ローソニアというサンスクリーン剤と似た成分で紫外線防止にもなるのです。

ですから、天然100%ヘナで髪を染めるだけで紫外線防止になるってわけです。

天然100%ヘナの成分はメラニン色素を壊すこともありませんから、髪を何度染めてもダメージすることもありません。

紫外線から髪を守るメラニン色素も減らないし、減らないどころか紫外線から髪を守る成分も持っている天然100%ヘナだからこそ

天然100%ヘナを夏におすすめする理由なんです。

まとめると

夏は紫外線で髪がダメージしやすくなります。

ヘアカラーをしているとメラニン色素を破壊しますから、紫外線に髪が弱くなるんです。

天然100%ヘナの成分であるナフトキノンはサンスクリーンと似たような成分なので、髪を染めるだけで紫外線から守ってくれます。

夏こそ天然100%ヘナをおすすめする理由。

わかってもらえましたか?

本物の天然ヘナの通販
『ハナヘナshopレガーレ』

 

本物の天然ヘナである『ハナヘナ』を知ってもらいたい。
そんな想いでネットショップを作りました。(^∇^)

クレジットカードで買える『ハナヘナ』『DO-S』のONLINE SHOPはこちら♪

髪の紫外線対策に天然100%ヘナ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次