ヘナで染めても髪色は黒くならない理由を書いてみた

ヘナで染めると髪が黒くなる
神戸市垂水区にある美容室ARCHE(アルシュ)
ハナヘナとカット大好き美容師カンザキです♪
髪で悩む大人の女性を美しくします!
天然100%ヘナのことを知りたい、
くせ毛の悩みはどうしようなど
ぜひご相談ください。

違った知識で、「ヘナで染めると髪が黒くなる」なんてことを言う美容師さんがいます。これは完璧な間違い。おそらく天然100%ヘナとケミカルヘナを間違えているのか、それともヘナの事をよく知らずに話しているのか。どちらかです。天然100%ヘナで染めても髪色は黒くならないんです。

目次

ヘナの持っている色素は「オレンジ」

ヘナの成分であるナフトキノンの持っている色素の色は「オレンジ」です。

それ以外ありません。

「オレンジ」の色素しか持っていないヘナが「黒」に髪を染めることは、そもそも不可能です

もしそんなヘナがあってカンザキが使ってお客さまを染めたら、それは怒ってメーカーにクレームを言いますよ!

染まるはずのない色味に染まるんだからね。

何度も言いますが、天然100%ヘナの場合、ヘナの成分の色素は「オレンジ」だけです。

白い毛束をヘナで染めた毛束です。

じゃあなんで「ヘナで染めたら髪が黒くなった!」なんてデマが出回っているのか。

これはこういうことではないでしょうか。

ケミカルヘナを天然100%ヘナと間違っている

ケミカルヘナと天然100%ヘナは全く別のモノです。

でもヘナを知らない人(美容師)からすると

名前にも【ヘナ】と入っているし、

【よく染まるヘナ】と【そうでないヘナ】という認識くらいでしょう。

同じ「ヘナ」と名前は付いてても、入っている成分が違いますから

全くの別物!なんです。

ケミカルヘナは確かにヘナは入っていますが、染めるための成分として化学染料が混ざっています。

天然100%ヘナでは、染まるのに時間がかかる

天然100%ヘナでは、染まりが弱い(しっかり染まらない)

天然100%ヘナでは、色味が選べない(黒くまたは茶色に染まらない)

なんてことを思って

もっと手軽に

短時間で

白髪がしっかりと染まる

そんなヘナを作ったのが【ケミカルヘナ】です。

でも・・・

それは「ヘナ」と呼べるのでしょうか?

しっかりと染まるように化学染料(酸化染料)が入った時点で、それは【ヘアカラー】と同じではないかと思うんですよ。

例えば

ヘアカラーでかぶれた

アレルギー反応が出る

ヘアカラーで染めると頭皮が痛い

こういった方が天然100%ヘナで染めている場合があります。

でも、ケミカルヘナではこういった方を染めることはできません。

なぜなら、ヘアカラーと同じ反応が出てしまうからです。

特に、ヘアカラーのジアミンアレルギーを持っている方は気をつけないといけませんよ。

ヘナだと思ってケミカルヘナで染めている場合

髪が黒く染まった!なんてことは十分に起こりますから、こんな間違いがあるのかもしれません。

ヘナとインディゴの違いがわかっていない

ヘナで染めたら髪が黒くなった!の問題で

一般の人(ヘナをよく知らない美容師も)は

【ヘナ】と【インディゴ】の違いがわかっていない!ってことがあると思います。

【ヘナ】と【インディゴ】は同じ天然100%ヘナですが、内容成分が全く違います。

ヘナの内容成分はヘンナ(ヘナ)

インディゴの内容成分はナンバンアイ葉(インディゴ)です。

この2つは同じヘナですが

植物の種類も

(ヘナは「ミソハギ科」、インディゴは「マメ科」の植物です)

持っている色素も違います。

(ヘナは「オレンジ」、インディゴは「ブルー」です)

ヘナで染めても髪はオレンジにしか染まりませんから、髪が黒くなることはありません。

もしかしたらヘナ染めを繰り返すとオレンジが重なっていくのでより濃いオレンジに染まります。

これを黒く(暗く)なったと思うのかもしれませんね。

もう1つはインディゴで染め続けた場合。

インディゴだけで染め続けると髪は黒くなります。

これはなります。

そして、インディゴで黒く染まった髪は、中々色味が抜けません。

ブリーチしても黒いままだったりします。

インディゴの扱い方は、ヘナの事をよく知った美容師に聞いてください。

インディゴって天然100%ヘナで白髪を染める場合に

白髪がオレンジのままはイヤだな〜

もうちょっと暗くならないかな〜

て、時に使うんです。

「天然100%ヘナでオレンジに染まった白髪をブラウンに変える」

こういう時にインディゴはとてもいい活躍をしてくれます。

まだまだ使い方はあるんですけど、これは直接聞いてください。

最後に

「ヘナで髪を染めたら黒くなった〜」って時は

どんなヘナで染めたのか?が重要です。

天然100%ヘナなのか?

ケミカルヘナなのか?

それとも、天然100%ヘナだけど

ヘナなのか?

インディゴなのか?

同じ天然100%ヘナでも【ヘナ】と【インディゴ】は全く違うってことも

わかっていただけましたか?

それぞれに特徴がありますから、よく知ってから髪を染めてくださいね。

天然100%ヘナで髪を染めても、100%黒くなるってことはないんですよ。

本物の天然ヘナの通販
『ハナヘナshopレガーレ』

 

本物の天然ヘナである『ハナヘナ』を知ってもらいたい。
そんな想いでネットショップを作りました。(^∇^)

クレジットカードで買える『ハナヘナ』『DO-S』のONLINE SHOPはこちら♪

ヘナで染めると髪が黒くなる

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次