ハナヘナ染めはなぜ髪のダメージがなくなってキレイなツヤ髪になるのか?その理由

ハナヘナ染めはなぜ髪のダメージがなくなってキレイなツヤ髪になるのか?
神戸市垂水区にある美容室ARCHE(アルシュ)
ハナヘナとカット大好き美容師カンザキです♪
髪で悩む大人の女性を美しくします!
天然100%ヘナのことを知りたい、
くせ毛の悩みはどうしようなど
ぜひご相談ください。

天然100%ヘナのハナヘナで染めると、髪はキレイになりダメージはなくなり、ツヤ髪になるんですけど、「それはなぜ?」って思ったことありませんか?

目次

ハナヘナは「天然100%ヘナ」ということは?

まずはここ。

ハナヘナは「天然100%ヘナ」だという事。

天然100%ヘナってことは・・・

植物だけでできている!ってことですよね〜

髪を染めるのに化学染料を一切使わず(ジアミンも入っていませんよ)、植物だけで染める。

これが天然100%ヘナの【ハナヘナ】なんです。

植物で髪を染めるってことは・・・

髪を傷める理由がない!

そうなんです。

植物を使って髪を染める【ハナヘナ】は、髪を傷める理由がないんです。

これだけでも、ハナヘナ染めをしていても髪が傷まないのはわかってもらえますよね。

*ハナヘナ染めでも「使い方」、「染め方」で間違った方法をしていたら髪は傷めます。

ヘアカラーはなぜ髪が傷むのか?

じゃあ、ヘアカラーはなぜ髪を傷めるのか?

なんですけど

一般的なヘアカラーは「二剤式」で、1剤と2剤を混ぜることで化学反応を起こして髪を染めているんです。

1剤には酸化染料(ジアミン)やアルカリ剤、2剤には過酸化水素を使っています。

この2つの薬剤が混ざることで活性酸素を発生しているんです。

活性酸素は髪の色素(メラニン)をブリーチ(脱色)します。

髪色が明るくなるのはこのためです。

ヘアカラー剤に入っている【アルカリ剤】、そしてこの【活性酸素】はヘアカラー後も髪の中に残留し続けるため、髪をダメージさせる原因になるんです。

また、髪のダメージだけでなく頭皮の老化も早めます。

ハナヘナ染めはなぜ髪のダメージがなくなってキレイなツヤ髪になるのか?

ハナヘナは天然100%ヘナで植物だけでできているってわかっていただけましたよね。

ヘアカラーで染めること自体が、髪を傷めてしまうのもわかってもらえたと思います。

ではなぜ

「ハナヘナ染めはなぜ髪のダメージがなくなってキレイなツヤ髪になるのか?」

なんですが

ハナヘナで髪を染めるということは、髪へのダメージがない。

ダメージがないということは、現状の髪の状態よりも悪くはならない。

髪は新しく生えてきますから、今現在傷んでいる毛先をカットしていけば、自然にキレイな髪に入れ替わっていく。

ハナヘナで染めると、髪の内側からケアができていくので、現状の髪のダメージも補修してくれ、

新しく生えてくる髪は、ダメージのない状態で生えていきますから、しっかりとした美髪に入れ替わっていくんです。

もちろん、頭皮へのダメージもありません。

だから

『ハナヘナ染めは、髪のダメージがなくなってキレイなツヤ髪になる』

ってわけです。

最後に

天然100%ヘナの【ハナヘナ】で染め続ければ

「髪のダメージがなくなってキレイなツヤ髪になるのか」をわかっていただけました?

ハナヘナ染めでは髪をダメージさせることをしていないのですから、美髪になるのは当然なんです。

ただし、髪の状態にもよりますが、時間はかかります。

もちろんデメリットはあります。

例えば、ヘアカラーみたいに「色味が選べない」や「髪の明るさが選べない」などです。

でも、これって見た目だけの問題ですよね。

見た目がどうこうよりも、髪そのものを美しくしたい。

いくつになってもキレイな髪と頭皮でいたい。

そう思えたなら、ハナヘナ染めはオススメなんです。

本物の天然ヘナの通販
『ハナヘナshopレガーレ』

 

本物の天然ヘナである『ハナヘナ』を知ってもらいたい。
そんな想いでネットショップを作りました。(^∇^)

クレジットカードで買える『ハナヘナ』『DO-S』のONLINE SHOPはこちら♪

ハナヘナ染めはなぜ髪のダメージがなくなってキレイなツヤ髪になるのか?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次