ヘナカラーの白髪染めとしてのメリット&デメリット

ヘナカラー 白髪染め
神戸市垂水区にある美容室ARCHE(アルシュ)
ハナヘナとカット大好き美容師カンザキです♪
髪で悩む大人の女性を美しくします!
天然100%ヘナのことを知りたい、
くせ毛の悩みはどうしようなど
ぜひご相談ください。

 

 

 

美容室でする『ヘナカラー』

まだまだヘナを扱っている美容室は少ないです。

 

 

ヘナカラーとは

僕がオススメしている

【ハナヘナ】を使った白髪染めのことです。

 

 

ヘアカラーとヘナカラーの違いってなに?

 

ヘナカラーにはどんなメリットがあるの?

 

そんなヘナカラーの白髪染めとしての
メリット&デメリットを説明します。

 

 

 

目次

ヘナとは?

ヘナとはインド原産のミソハギ科の植物で

ナフトキノン(オレンジ色の色素)を含みます。

 

葉っぱを乾燥・粉末にして

水やおぬるま湯で溶かしたものを髪に塗って染めます。

何千年も前からインドなどでは白髪染めた儀式の道具として使われてきました。

 

 

 

白髪染めとしてのヘナカラー

ヘナは水またはぬるま湯で溶かして使います。

 

 

よく溶かしたヘナを髪を覆うように塗り
時間を置くことでしっかりと白髪が染まります。

 

 

ヘナの色素はオレンジ色のため
白髪はオレンジ色に染まります。

 

 

オレンジが苦手な方のために
インディゴを使った【2回染め】という方法もあります。

 

 

2回染めをした場合は
白髪はブラウンに染まり
よりしっかりと白髪は染まります。

 

 

 

ヘナカラーのデメリット

天然ヘナ白髪染め ハナヘナ

黒髪は明るくならない

 

ヘナには黒髪を明るくする力はありません。

 

髪質によっては繰り返しヘナカラーをすることで
オレンジの色素が染まり
太陽の下では明るく見えることもあります。

 

 

 

髪色は『オレンジ』しか選べません

 

ヘナの色素はオレンジしかありません。

 

オレンジに染まるのが苦手な場合は
インディゴを使うコトでブラウンにもできます。

 

 

 

草の匂いがする

 

これは天然ヘナの特徴ですが苦手もいるかもしれません。

 

ヘナ葉を乾燥させて粉末にしているだけのヘナカラーですから
匂いは変えれません。

 

 

 

ヘナカラーのメリット

ハナへナ ミディアムヘア

髪と頭皮に安全

 

植物100%のヘナを使ったヘナカラーですから
髪と頭皮の安全です。

 

ジアミンアレルギーなどヘアカラーでかぶれた人でも
白髪染めをすることができます。

植物アレルギーの方にはダメです。

 

 

髪を傷める成分は一切入ってないので
ダメージレスなカラーと言えます。

 

 

 

髪を染めながらキレイにできる

 

髪の中のダメージした部分を補修するヘナ。

 

ですから繰り返し染めることで
髪をキレイにしてくれます。

 

 

 

紫外線から髪を守る

 

ヘナのオレンジ色の成分であるナフトキノンは
ローソニアというサンスクリーン剤(紫外線防止剤)と似た成分で
紫外線防止にもなるのです。

 

ですから
髪と頭皮を紫外線から守ってくれるんです。

 

 

 

ヘナカラーをまとめると

 

①髪や頭皮に安心・安全の染められる

②繰り返すほど髪はキレイになる

③髪色は選べない

④髪は明るく染めることはできない

⑤紫外線から髪を守ってくれる

 

ざっくりとこんな感じです。

 

 

 

ヘアカラーとヘナを組み合わせて
髪をキレイにする方法もありますし

 

 

あなたの髪を

この先どうしていきたいのか?

 

 

10年後 20年後

どんな髪でいたいのか?

 

 

ここを考えるための

『ヘナカラー』だと思います。

 

本物の天然ヘナの通販
『ハナヘナshopレガーレ』

 

本物の天然ヘナである『ハナヘナ』を知ってもらいたい。
そんな想いでネットショップを作りました。(^∇^)

クレジットカードで買える『ハナヘナ』『DO-S』のONLINE SHOPはこちら♪

ヘナカラー 白髪染め

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次