ヘアカラーすると退色して髪色が明るくなる理由

神戸市垂水区にある美容室ARCHE(アルシュ)
ハナヘナとカット大好き美容師カンザキです♪
髪で悩む大人の女性を美しくします!
天然100%ヘナのことを知りたい、
くせ毛の悩みはどうしようなど
ぜひご相談ください。

ヘアカラー髪をすると1ヶ月後には染めた時よりも髪色が明るくなっていませんか?「髪が傷んでいるから仕方がない」と思っているかもしれませんが、原因は髪が傷んでいるだけではないんです。

目次

ヘアカラーすると退色して髪色が明るくなるんです

ヘアカラーをすると染めた時はいいんですが

「1ヶ月も経つと染めた時よりも髪色が明るくなるんですよね〜」

「髪が傷んでいるから仕方がないんだけど」

と思って諦めてまた毛先までペタペタ染めている人も多いかもしれませんが

髪色が明るくなる(退色)理由は、髪が傷んでいるだけではないんです。

「なぜ染めた時よりも髪色が明るくなるのか?」というと

そもそも

ヘアカラー(白髪染めも)は髪色が明るくなるように作られているんです。

ヘアカラーすると髪色が明るくなる理由

ヘアカラーも白髪染めも同じなのでまとめますが

ヘアカラーをすると髪色は明るくなるように作られています。

みなさんご存知の髪を明るくする「ブリーチ」

ブリーチは髪を明るくして、同時に髪を傷めるって思っている人多いですよね。

それは正解!

ブリーチは髪を脱色してメラニン色素を壊して髪色を明るくするための薬剤です。

メラニンを壊すのですから、髪は傷みます。

ヘアカラーはブリーチと違って髪を傷めないと思っているかもしれませんが、ヘアカラーにもブリーチは入っています。

入っているから髪色が明るくなるんです。

ただし、量は少ないですけどね。

特にハイトーンの明るい髪色はブリーチも多めになっています。

「ヘアカラーの染まり」ってどうなっているのかと簡単に説明すると

ヘアカラーはまず髪色の元であるメラニンを壊します。

メラニンを壊して一度、髪色を明るく上げます。

そこに色味を入れて希望の明るさまで下げます。

こうして希望色にするんです。

もうわかりますよね?

一度メラニンが壊されて明るくなっている髪に色味が入って暗くなっているだけですから

色味が時間の経過と共に抜けていけば・・・

髪自体の明るさが出てきます。

これが『ヘアカラーが退色すると髪が明るくなる理由』なんです。

髪がダメージしていればさらに明るくなっていきます。

繰り返し染め続ければ髪はどんどん傷み、キューティクルは開き、髪の中身が流れでます。

髪の中身が流れ出て減れば、本来はそこにヘアカラーの色味が染まるのに、染まるところが減りますから

さらに色味は流れ出やすくなります(定着しなくなります)

「色味がすぐに抜けることで髪色は明るくなる」って感じなんです。

まとめると

ヘアカラーすると退色して髪色が明るくなる理由

わかっていただけましたか?

  • ヘアカラーは髪色が明るくなるように作られている
  • ヘアカラーにはブリーチが入っている
  • ヘアカラーはメラニンを壊して一旦ベースとなる髪自体の明るさを上げて、そこから色味が入ることで希望の明るさ&色味になる
  • ヘアカラーを繰り返すと髪の中身は流れ出て色味が定着する部分が減りますから、より色味が抜けやすくなり明るくなりやすい

「ヘアカラーをする」ってことと

「色味が退色して髪色が明るくなる」ってことは

セットだと思ってください。

ヘアカラーを始めるとこの色味が抜けて髪色が抜けて明るくなるって悩みは尽きないんです。

あわせて読みたい
なぜ白髪染めはリタッチカラー(根元染め)をオススメするのか? なぜ白髪染めはリタッチカラー(根元染め)をオススメするのか?

本物の天然ヘナの通販
『ハナヘナshopレガーレ』

 

本物の天然ヘナである『ハナヘナ』を知ってもらいたい。
そんな想いでネットショップを作りました。(^∇^)

クレジットカードで買える『ハナヘナ』『DO-S』のONLINE SHOPはこちら♪

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次