前髪やつむじの割れが直る?

神戸市垂水区にある美容室ARCHE(アルシュ)
ハナヘナとカット大好き美容師カンザキです♪
髪で悩む大人の女性を美しくします!
天然100%ヘナのことを知りたい、
くせ毛の悩みはどうしようなど
ぜひご相談ください。

 

 

 

いつも見ているものも

視点を変えると

また違った見え方をしたりします

 

 

 

例えばこの姫路城

(講習前に早く着きすぎたので見に行きました)

 

ちゃんと見たのは2回目!

(こんなに近くに住んでいるのに)

 

 

正面から見たらお城!という

イメージしかなかったのですが

 

横から見たり

下から眺めたりすると

確かに美しい

 

さすが世界遺産の白鷺城ですね

 

今度ゆっくりと時間を作って

見て回りたいと思います

 

 

 

 

目次

視点を変えるセミナーに行ってきました

 

そんな姫路であるセミナーを受けてきました

 

 

それは・・・

 

 

今までの視点を変えるセミナー

 

なんかよくわかりませんよね

 

 

 

お客さまからよく相談される

 

前髪がパカっと割れる

 

つむじがパカっと割れる

 

えり足の生えグセが悪くて収まらない

 

 

 

これらは生えグセ問題と思っていて

 

 

僕は対処法はお伝えすることは

できるのですが

根本的には直せなかったんです

 

 

 

前髪やつむじが割れるのは対処法しかないと思っていた

 

美容室でキレイにしても

お家に帰り

ご自分でするとうまくいかない・・・

 

 

いつも通りの前髪やつむじになる・・・

 

 

そりゃそうなんですよ

 

だって根本を改善できていないんですから

 

 

 

対処法としてパーマをかける

という方法もありますが

 

 

それもやっぱり

毛先に対する動きにしかならない

 

 

根元の根本的な問題解決には

ならないんです

 

 

 

なぜ根本を改善できないかというと

 

先ほども書いた

生えグセだから

 

 

生えグセということは

髪がはえてくる根元の問題なんです

 

 

実際に根元にハサミを入れる!

なんてしないですよね

 

 

されたことある人も少ないでしょう

 

 

 

根元からハサミを入れて切ったりしたら

アホ毛が大量に増えますよ

 

 

もうそれは大変です!

 

 

大事故ですよ

 

 

 

パカっと別れる前髪の根元に

アホ毛が大量にできて

ツンツン立ってたら

 

 

 

泣きますよね

 

 

 

ですから根元にハサミを入れることは

絶対にできないこと

と思って僕は今までやってきました

 

 

 

でも今回のセミナーは全然違ったんですよ!

 

根元からハサミを入れるんです!

 

 

これが衝撃的でした

 

 

 

今までのカットと視点を変える

 

 

見るところが変わってくる

 

 

そして

結果も変わる

 

 

ヘアスタイルを作る考え方が

変わりましたね

 

 

いやー

半信半疑で受けましたが

びっくりしました

 

髪の悩みを解消するとか言いながら

実際はできないでいました

 

 

それはしてはいけない部分だと

思っていたから

 

 

でも違ったんです

 

 

 

ワクワクしています

 

今までは対処法を考えながら

カットしていましたが

 

 

これからはそんなことを

考えなくていいんです

 

 

お客さまの悩みをダイレクトに

解消できる

 

 

本当に毎日を楽しく過ごしていただける

 

 

乾かすだけでヘアスタイルが決まる

 

 

楽しみですね〜

 

 

 

でも問題があるんです

 

 

それは

 

 

 

・・・

 

 

 

3ヶ月待たないと手に入らない!

10月にならないと入荷しないんです

 

 

お客さまにできる頃は

もうになっています

 

 

 

気が早いですが

12月にはメニュー化してますから

楽しみにしててくださいね

 

 

さぁ練習練習♪

 

 

 

本物の天然ヘナの通販
『ハナヘナshopレガーレ』

 

本物の天然ヘナである『ハナヘナ』を知ってもらいたい。
そんな想いでネットショップを作りました。(^∇^)

クレジットカードで買える『ハナヘナ』『DO-S』のONLINE SHOPはこちら♪

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次