重曹シャンプーで髪を洗うのはどう思いますか?

重曹シャンプーで髪を洗うのはどう思いますか?
神戸市垂水区にある美容室ARCHE(アルシュ)
ハナヘナとカット大好き美容師カンザキです♪
髪で悩む大人の女性を美しくします!
天然100%ヘナのことを知りたい、
くせ毛の悩みはどうしようなど
ぜひご相談ください。

曹シャンプーについて先日ブログに書いたのですが、その後こんな質問をいただきました。「重曹シャンプーで髪を洗うことをどう思いますか?」とても直球な質問をいただいので、もう一度お答えしておこうと思います。

目次

重曹ってなに?

重曹とは

化学名 :炭酸水素ナトリウム

化学式 :NaHCO3

重曹は弱アルカリ性の性質を持つので、酸性のものを中和する働きがあります。 酸性の油汚れや皮脂の汚れ、焦げ付きなどの汚れを落とす効果があるのです。 また、生ごみや靴の臭いなど、酸性の臭いも消臭してくれます。 さらに、重曹は粒子が細かいのが特徴。

重曹には「掃除用(工業用)」と「食用」「薬用」3種類があり、

掃除用(工業用)重曹

掃除用の重曹は、食品や薬品製造施設以外で作られた重曹のことを指します。


純度は95~98%であり、3種類の重曹のなかでも容量が多めで比較的安価で販売されている

食用

食品の製造を許可された施設で製造された重曹が「食用の重曹」です。

純度は98~99%で口に入れることを前提として品質管理がされています。

薬用

薬用の重曹は、おもに薬品の製造が許可された施設で作られた重曹のことで、純度は100%です。


歯磨き粉や入浴剤として使用できるので、3種類の重曹のなかでもっとも安全性が高いといえます。

重曹シャンプーに使われているのは、おそらく食用?かなと思うのですが違いますかね?

重曹で髪を洗うと

重曹はアルカリ性の性質を持っていますが、石鹸よりも弱アルカリみたいです。

酸性のものを中和する働きがあるので、 皮脂の汚れなどは落とす効果があるみたいです。

髪を洗えば確かに汚れは落とせるのでしょう。

髪の毛もお肌も元々弱酸性なので、弱アルカリの重曹を使って洗うとかなり脂質が落ち、髪はからんで、肌は突っ張るような感じになると思います。

例えば、成長期の少年のような皮脂の分泌が活発な時はいいかもしれませんが

ある程度年齢を過ぎて皮脂の分泌も弱くなっている人にとってはどうなのか?と思ってしまいます。

そして、脂質が多い人は重曹で洗うとスッキリとした感じにはなりそうですが、皮脂を取りすぎることでかえって過剰分泌にも繋がると思います。

脳が「皮脂が足りてないぞ〜」って命令を出すんですね。

僕の意見としては

重曹シャンプーで洗うことで皮脂を取り除き

髪がキュッキュしたり

肌がつっぱったりすることで、「スッキリした!」っていう【洗った感】はあるのでしょうが

その後の皮脂の過剰分泌にもなってしまう恐れがあるので

やっぱり、髪の毛やお肌はその性質(弱酸性)に合った洗浄剤を使うのがいいのではないか?と思うんですけど。

重曹シャンプーで【アルカリ性】にした後に、クエン酸リンスで【酸性】にして中和するなら

最初から弱酸性のシャンプーを使った方が理にかなっていると思うんですよね。

美容師の僕的にはこう思っています。

本物の天然ヘナの通販
『ハナヘナshopレガーレ』

 

本物の天然ヘナである『ハナヘナ』を知ってもらいたい。
そんな想いでネットショップを作りました。(^∇^)

クレジットカードで買える『ハナヘナ』『DO-S』のONLINE SHOPはこちら♪

重曹シャンプーで髪を洗うのはどう思いますか?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次