知らないと損をする!ドライヤーの冷風ってどう使うの?

神戸市垂水区にある美容室ARCHE(アルシュ)
ハナヘナとカット大好き美容師カンザキです♪
髪で悩む大人の女性を美しくします!
天然100%ヘナのことを知りたい、
くせ毛の悩みはどうしようなど
ぜひご相談ください。

 

 

 

美容師の常識は

一般人の非常識

 

これを最近よく言われます

 

 

今回はそんな1つ

ドライヤーの冷風についてです

 

 

 

目次

ドライヤーには温風と冷風が付いているのはなぜ?

 

これ何気にスルーしていませんか?

 

 

温風は髪を乾かすのに使いますが

 

冷風は?と聞かれると

 

???って方が多いはず

 

 

塗れた髪は

少しでも早く乾かした方がいいです

 

 

塗れている時間が長いほど

髪は傷みます

 

 

ですからお風呂上りに

髪が濡れたまま何かしていると

髪は傷んでいきますよ

 

 

そんな濡れた髪を早く乾かすのに使うのが

ドライヤーの温風なんです

 

 

 

ドライヤーの冷風の使いどころは?

 

冷風は温風で乾かした髪を

形づけるのに使います

 

 

意味わかります?

 

 

髪は温めて形をつくり

冷やして形を固定するんです

 

わかりやすいのがホットカーラー

 

 

カーラーを温めてから髪に巻きつけ

そのまま放置

 

カーラーが冷えた時に外すと

クルっと髪が巻かれてますよね?

 

 

この冷えるときに

髪は固まる性質があるんですが

これを利用するのが

 

ドライヤーの冷風なんです

 

 

 

 

髪は根元から乾かすのです

 

 

塗れている髪はまずタオルで

余分な水分をしっかりと取ります

 

 

びちゃびちゃのまま乾かしても

時間も電気代もかかるだけで

コスパが非常に悪いです

 

 

まずはしっかりとタオルで水分を拭き取ってください

 

 

それから温風で乾かしますが

このときは髪の根元です

 

 

根元をしっかりと乾かす!

 

 

乾かし方はこちらにしっかりと書いています

https://hidetoshikanzaki.com/hair/hair-styling-3

 

https://hidetoshikanzaki.com/hair/hair-styling-4

 

 

根元を乾かす間にある程度

毛先も乾いていきますからね

 

 

そして根元が乾いたら

次はいよいよ冷風の出番です

 

 

 

冷風は中間から毛先にあてる

 

根元を乾かしたあと

中間から毛先にかけて乾かします

 

根元を乾かしている分

すぐに乾くでしょう

 

 

そうしたら

今度は冷風にスイッチを切り替えて

 

冷風で髪の中間から毛先に向かって

風をあてていきます

 

 

このときなるべく髪をまとめながら

毛先をまとめながら冷風を当ててください

 

 

毛先を内巻にしたい時は

毛先を丸めて

そして冷風を当てる

これだけでも軽く毛先は丸まります

 

 

たったこれだけするだけで

次の朝の髪のまとまりが

 

 

全然違います!

 

 

寝癖もつきにくくなりますよ

 

 

 

冷風のメリット

 

冷風で髪を乾かすことで

キューティクルが閉まり髪にツヤがでます

 

 

髪がまとまりやくすなります

 

 

毛先のまとまりが違います

 

 

寝癖がつきにくくなります

 

 

これは髪の水素結合を利用しているからです

 

温まると切れて

冷えるとつながる髪の結合

 

 

例えると

アイロンしたての洋服にしわが入り

そのまま冷えてしまうと

しわがとれないですよね

 

これは温めたものが冷えて固まったから

 

 

髪も同じことがおこります

ですから温風のあとは冷風なんです

 

 

 

これからは

ドライヤーの冷風をしっかりとつかってくださいね♪

 

本物の天然ヘナの通販
『ハナヘナshopレガーレ』

 

本物の天然ヘナである『ハナヘナ』を知ってもらいたい。
そんな想いでネットショップを作りました。(^∇^)

クレジットカードで買える『ハナヘナ』『DO-S』のONLINE SHOPはこちら♪

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次